日経メディカル 2015/04号

キーパーソンインタビュー
筑波大学医学医療系准教授 三木明子氏
暴力への対応法は護身術ではない 患者・職員双方に安全な解決策を

病院職員の2人に1人が患者などから暴力の被害を受けている。患者に蹴られた、ナイフで刺されたなどの傷害事件も起きている。院内暴力防止のための職員教育を実践している三木氏に、院内暴力の実態や発生時の対応法、暴力を未然に防ぐ手立てなどを聞いた。(64〜66ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3789文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > 病院・薬局・施設経営 > その他(病院・薬局・施設経営)
【記事に登場する企業】
筑波大学
update:19/09/27