日経メディカル 2015/05号

キーパーソンインタビュー
事故調査は「犯人捜し」ではない 原因究明では情報と能力に着目を
自治医科大学メディカルシミュレーションセンター センター長 河野龍太郎氏

 事故調査では、そうした背後要因を明らかにしなければなりません。事故調査とは、何が(what)どのように(how)なぜ(why)起こったか調査分析し再発防止策を立案することです。 一方、従来行われている医師法第21条に基づく異状死の届け出を受けての「捜査」…(57〜58ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2639文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > 法令・資格(医療・バイオ) > その他(医療・バイオ関連の法令・資格)
医療・バイオ > バイオ・医療トラブル > 医療事故
ビズボードスペシャル > 資格・スキル > その他(医療・バイオ関連の法令・資格)
【記事に登場する企業】
自治医科大学
update:19/09/27