日経メディカル 2015/06号

リポート5
外科医の時間外呼び出し激減の理由
セキュリティーの心配なくタブレットで自宅読影が可能に

 同院に限らず、救急部がなく夜間・休日の救急医療を当番制の当直医が担っている医療機関は多い。外科的対応が必要な場合には、オンコール待機の外科医が呼び出されるのが一般的だ。外傷や急性腹症などの外科的救急疾患の重症度判定は画像診断が決め手となる…(36〜37ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2365文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > 医療機器・用品・システム > 医療・製薬向け情報システム
情報システム > 特定業務システム > 医療・製薬向け情報システム
update:19/09/27