日経メディカル 2015/06号

特集2 腹腔鏡下手術事故 放任の大罪
腹腔鏡下手術事故 放任の大罪

群馬大学病院と千葉県がんセンターで起きた腹腔鏡下手術による連続死亡事故。事故報告書からは、少人数の外科グループが倫理的手続きを踏まえずに新術式を試み、病院がそれを放任していた様子がうかがえる。新術式の実施を放任している施設があれば同様の事故はまた起こり得る。(61ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:222文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる0円
買い物カゴに入れる(読者特価)0円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集2 腹腔鏡下手術事故 放任の大罪(61ページ掲載)
腹腔鏡下手術事故 放任の大罪
特集2 腹腔鏡下手術事故 放任の大罪(62〜66ページ掲載)
Part1 群馬大病院と千葉県がんセンターの事故はなぜ起きた?
特集2 腹腔鏡下手術事故 放任の大罪(67〜69ページ掲載)
Part2 どのようなシステムが手術事故を防ぐのか
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > バイオ・医療トラブル > 医療事故
【記事に登場する企業】
群馬大学
群馬大学病院
千葉県がんセンター
update:19/09/27