日経メディカル 2015/06号

キーパーソンインタビュー
日本大学消化器外科教授 高山忠利氏
腹腔鏡下手術は先進技術ではない 易しい問題を難しく解く手技だ

 腹腔鏡下手術は全然先進的ではありません。皆、勘違いしているんです。開腹による今までの標準手術でできる手技が腹腔鏡下では再現できないことが多いんですから、僕に言わせれば先進どころか後進です。(70〜71ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2442文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > 病気・怪我と治療・検査 > その他(病気・怪我)
【記事に登場する企業】
群馬大学
千葉県がんセンター
日本大学
update:19/09/27