日経ビジネス 2015/06/15号

特集 時代は「健康経営」
時代は「健康経営」
エクセレントカンパニーの新条件

「健康管理は従業員本人の責任」。そんな前時代的な経営は、もはや通用しない。SCSK、コニカミノルタ、伊藤忠商事、味の素、東急電鉄、内田洋行──。従業員の健康こそ企業の競争力を高める経営の最重要課題と位置付け、その増進や維持を図る「健康経営」に取り組む企業が増えている。(26〜27ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:483文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる0円
買い物カゴに入れる(読者特価)0円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集 時代は「健康経営」(26〜27ページ掲載)
時代は「健康経営」
特集 時代は「健康経営」(28〜31ページ掲載)
PART1 〔本誌調査では従業員の34%が「病」に〕 「健康ブラック企業」の闇
特集 時代は「健康経営」(32〜35ページ掲載)
PART2 〔SCSK、健康経営の軌跡〕 家族に手紙、残業激減 そして増収増益
特集 時代は「健康経営」(36〜41ページ掲載)
PART3 〔エクセレントカンパニーへの道〕 健康経営、4つのポイント
特集 時代は「健康経営」(42〜45ページ掲載)
PART4 〔経営トップが旗振り役に〕 「形だけの罠」に陥るな
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 人事 > その他(人事)
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > オピニオン・経営戦略
医療・バイオ > 健康維持・美容 > 健康維持・用品・食品
サービス・流通・生活・文化 > 健康維持・美容 > 健康維持・用品・食品
【記事に登場する企業】
味の素
伊藤忠商事
内田洋行
SCSK
コニカミノルタ
東京急行電鉄
update:19/09/24