日経ビジネス 2015/06/22号

フロントランナー 小なれど新
ユニバーサル・サウンドデザイン(会話支援機器の開発) 難聴者の耳、試作重ね「復活」

スピーカーやマイクの改良を重ね、難聴者でも聞き取りやすい音響機器を開発した。医療機関や自治体などで導入が進み、海外展開も視野に入れる。 「体の調子はどうですか」。東京・日本橋の内科専門の医療機関、東京駅センタービルクリニック。(90〜91ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2592文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > その他(企業・経営・ビジネス) > その他(企業・経営・ビジネス)
医療・バイオ > 医療機器・用品・システム > 医療機器・用品
【記事に登場する企業】
ユニバーサル・サウンドデザイン
update:19/09/24