日経メディカル 2015/07号

医療行政の舞台裏
気鋭の若手論客が厚労官僚と熱く議論 提言書「保健医療2035」ができるまで

お世辞にも注目を浴びたとは言い難い。塩崎恭久厚生労働相の私的懇談会が6月9日にまとめた提言書「保健医療2035」のことだ(32ページTOPICS参照)。ちなみに2035は、「ニイマルサンゴー」と読む。 この提言書を巡る一般紙の報道は、ほとんどが短信扱い。(37ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1670文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > 法令・資格(医療・バイオ) > 医療・バイオの法令全般
ビズボードスペシャル > 法令 > 医療・バイオの法令全般
【記事に登場する企業】
厚生労働省
update:19/09/27