日経メディカル 2015/07号

特集1 C型肝炎診療 新時代到来
〔フォローアップ〕 著効後も残る肝発癌リスクに備えよ
マーカー検査は必須

フォローアップC型肝炎の治療目標は、肝関連疾患の進展抑制と肝発癌の予防だ。IFNフリー療法でウイルスを排除しても、肝発癌リスクはゼロにならない。肝発癌リスクの程度を複数の血液マーカーで判断しつつ、定期的にフォローアップする必要がある。(47〜49ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4117文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集1 C型肝炎診療 新時代到来(38〜39ページ掲載)
C型肝炎診療 新時代到来
特集1 C型肝炎診療 新時代到来(40〜41ページ掲載)
〔プロローグ〕 インターフェロンを使わない治療
特集1 C型肝炎診療 新時代到来(42〜46ページ掲載)
〔抗HCV療法〕 大半の患者でウイルス排除が可能に
特集1 C型肝炎診療 新時代到来(47〜49ページ掲載)
〔フォローアップ〕 著効後も残る肝発癌リスクに備えよ
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > 病気・怪我と治療・検査 > 身体の疾患
update:19/09/27