日経メディカル 2015/07号

判例に学ぶ医療トラブル回避術
事故調創設で改めて注目 都立広尾病院事件の教訓

 同月11日(祝日)午前8時15分ごろ、外泊目的でヘパリンロックを行うために看護師が処置室でヘパリン生食を準備し、「ヘパ生」とフェルトペンで記載した注射筒を処置台に置いた。また看護師は、クロルヘキシジン(商品名ヒビテングルコネート液)を含有する、…(102〜104ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4447文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > バイオ・医療トラブル > 医療事故
【記事に登場する企業】
広尾病院
update:19/09/27