日経コンストラクション 2015/07/27号

特集 崩れる土砂、崩れる定石
誰も気付かなかった浸食崩壊
洞爺湖町の橋台崩落

北海道北海道洞爺湖町の伏見橋が昨年11月に崩落した事故は、わずか2年間で急速に進んだ地盤の浸食が原因だった。これだけ速い浸食だと、5年に1度の定期点検では把握しきれない。日常の道路パトロールで周辺の地盤も確認することが必要だ。(48〜51ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3893文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集 崩れる土砂、崩れる定石(32〜38ページ掲載)
地盤の「不確実さ」を甘く見た惨事
特集 崩れる土砂、崩れる定石(39〜43ページ掲載)
地盤調査の死角突く超軟弱層
特集 崩れる土砂、崩れる定石(44〜47ページ掲載)
落石を観察しても崩落は予知できず
特集 崩れる土砂、崩れる定石(48〜51ページ掲載)
誰も気付かなかった浸食崩壊
特集 崩れる土砂、崩れる定石(52〜57ページ掲載)
違法造成の履歴までは暴けず
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > 建築トラブル > 事故・災害(建築・土木関連)
update:19/09/27