日経ものづくり 2015/08号

特集1 日本発 3Dプリンティング・イノベーション
〔Part2 活用編〕 【治工具や型を造る】
現場のカイゼン効果をさらに高める

 3Dプリンターで造った型については、ここにきてさまざまな工法への広がりを見せている。その1つが樹脂型による金属部品の成形・加工だ。スワニー(本社長野県伊那市)は従来、樹脂射出成形用の型を3Dプリンターで造る「デジタルモールド」の技術を開発してお…(43〜45ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3691文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集1 日本発 3Dプリンティング・イノベーション(32〜33ページ掲載)
日本発 3Dプリンティング・イノベーション
特集1 日本発 3Dプリンティング・イノベーション(34〜37ページ掲載)
〔Part1 総論〕 擦り合わせで日本企業にチャンス 活用と技術の両面で独自性を発揮
特集1 日本発 3Dプリンティング・イノベーション(38〜42ページ掲載)
〔Part2 活用編〕 【最終製品を造る】
特集1 日本発 3Dプリンティング・イノベーション(43〜45ページ掲載)
〔Part2 活用編〕 【治工具や型を造る】
特集1 日本発 3Dプリンティング・イノベーション(46〜48ページ掲載)
〔Part2 活用編〕 【オープンソース化で攻める】
特集1 日本発 3Dプリンティング・イノベーション(49〜56ページ掲載)
〔Part3 技術編〕 装置・材料をユーザーと共同開発 世界に類を見ない先進性を追求
特集1 日本発 3Dプリンティング・イノベーション(57〜60ページ掲載)
〔Part4 数字で見る現場〕 製造装置としての活用に期待感 87%が「ノウハウの蓄積が重要」
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
車・機械・家電・工業製品 > 設計・製造(機械関連) > 製造機械・工具
【記事に登場する企業】
キャステム
スワニー
リコー
update:19/09/26