日経ものづくり 2015/09号

特集1 インダストリー4.0は怖くない
インダストリー4.0は怖くない

最先端のITを活用した「スマート工場」の実現に向けた取り組みが本格化してきた。ドイツの「インダストリー4.0」をはじめとする世界の潮流に乗り遅れれば、日本は競争力を失う。しかし、ここに来て“反攻”の動きも出てきた。(32〜33ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:583文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる0円
買い物カゴに入れる(読者特価)0円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集1 インダストリー4.0は怖くない(32〜33ページ掲載)
インダストリー4.0は怖くない
特集1 インダストリー4.0は怖くない(34〜38ページ掲載)
〔動向編〕 サプライヤー工場もスマート化 世界に先手を打つ日本企業
特集1 インダストリー4.0は怖くない(39〜41ページ掲載)
〔加工技術編〕 ITの進歩に負けじと 物を造る手法にも新潮流
特集1 インダストリー4.0は怖くない(42〜44ページ掲載)
〔ロボット編〕 ティーチング不要、人工知能にお任せ 制御システムで大幅な革新
特集1 インダストリー4.0は怖くない(45〜46ページ掲載)
〔データ活用編〕 ビッグデータだけが解じゃない 現場の使いやすい形に切り出す
特集1 インダストリー4.0は怖くない(47〜50ページ掲載)
〔数字で見る現場〕 大企業ほど積極的に推進 67%が「国が主体的に関与すべき」
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
車・機械・家電・工業製品 > 設計・製造(機械関連) > その他(機械関連の設計・製造)
update:19/09/26