日経ビジネス 2015/10/05号

未来テック
FILE.025 砂漠緑化 「湿布」と「おむつ」の技術を転用 [東レ、ミツカワ、日本触媒、鳥取大学など]

 南アフリカ共和国の主要都市、ヨハネスブルクの郊外。金の鉱山跡地には、採掘時にできた残土を集めた「ぼた山」が点在している。残土には放射線などの有害物質が含まれており、植物が自生できない。砂が風で飛散し、近隣の住宅街に吹き付ける被害が発生。(74〜76ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4048文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
車・機械・家電・工業製品 > 素材・部材 > 繊維
車・機械・家電・工業製品 > 素材・部材 > 樹脂・プラスチックス
車・機械・家電・工業製品 > 環境・エコロジー(車・機械) > 環境・自然保護(車・機械)
ビズボードスペシャル > 環境 > 環境・自然保護(車・機械)
ビズボードスペシャル > 素材 > 繊維
ビズボードスペシャル > 素材 > 樹脂・プラスチックス
【記事に登場する企業】
東レ
鳥取大学
日本触媒
ミツカワ
update:19/09/24