日経ヘルス 2015/11号

効くニュース 1
「片足立ち」で骨密度や脳機能の低下が分かる!?
転倒リスクだけじゃない! 新・健康チェック

片足を軽く上げてキープする「片足立ち」。長くできる人ほど、歩行中に転倒しにくいことは知られていたが、新たに骨密度や脳機能の低下がチェックできそうだと分かってきた。 2006年開設の愛媛大学医学部附属病院の抗加齢・予防医療センター。(92ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2422文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > 健康維持・美容 > 健康維持・用品・食品
サービス・流通・生活・文化 > 健康維持・美容 > 健康維持・用品・食品
【記事に登場する企業】
愛媛大学医学部附属病院
update:19/09/27