日経メディカル 2015/10号

特集1 「心不全パンデミック」の脅威
〔Strategy3〕 多職種による早期介入
心不全看護認定看護師の養成も急務

心不全の急性増悪時の対応はもちろん、その前段の再入院予防においても、多職種による介入は戦略上、必須条件となる。その推進役となる心不全専門の看護師養成も急務だ。チームを構成する看護師、栄養士らは今、何が問題と考えているのか。(56〜58ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4824文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集1 「心不全パンデミック」の脅威(46〜47ページ掲載)
「心不全パンデミック」の脅威
特集1 「心不全パンデミック」の脅威(48〜49ページ掲載)
〔Plologue〕 10年後患者は120万人超
特集1 「心不全パンデミック」の脅威(50〜51ページ掲載)
〔Overview〕 急性増悪防ぐ介入ポイント
特集1 「心不全パンデミック」の脅威(52〜54ページ掲載)
〔Strategy1〕 ステージ別の先制医療
特集1 「心不全パンデミック」の脅威(55ページ掲載)
〔Strategy2〕 心不全専門の診診連携
特集1 「心不全パンデミック」の脅威(56〜58ページ掲載)
〔Strategy3〕 多職種による早期介入
特集1 「心不全パンデミック」の脅威(59ページ掲載)
〔Strategy4〕 2次医療圏に1センター
特集 既存の薬が難病を救う(7ページ掲載)
既存の薬が難病を救う
特集 既存の薬が難病を救う(8〜9ページ掲載)
〔プロローグ〕 脳保護薬がALSへ適応拡大
特集 既存の薬が難病を救う(10〜13ページ掲載)
〔治療薬開発の最前線〕 難病に有効な既存薬の報告相次ぐ
特集 既存の薬が難病を救う(18〜20ページ掲載)
〔指定難病一覧〕 難病法の施行で指定難病は306疾患 約150万人が対象に
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > 病気・怪我と治療・検査 > 身体の疾患
update:19/09/27