日経メディカル 2015/10号

特集2 開業で救急を支える
〔TREND〕 3次救急の負荷を診療所が軽減 ユニークな施設の開設相次ぐ

「救急開業」の形態や機能は様々。診断して患者を適切に振り分けることに重きを置くケースもあれば、救急受け入れ後の治療を自院で完結させる施設もある。いずれも地域の医療事情を考慮し、不足している機能を補っているのが特徴だ。(68〜69ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2725文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集2 開業で救急を支える(67ページ掲載)
開業で救急を支える
特集2 開業で救急を支える(68〜69ページ掲載)
〔TREND〕 3次救急の負荷を診療所が軽減 ユニークな施設の開設相次ぐ
特集2 開業で救急を支える(70〜71ページ掲載)
〔CASE1〕 看取り患者の病院搬送減少に貢献
特集2 開業で救急を支える(72〜73ページ掲載)
〔CASE2〕 消化器の救急中心に「まずは受け入れる」
特集2 開業で救急を支える(74〜75ページ掲載)
〔CASE3〕 異色のキャリア生かし3次救急の防波堤に
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > 病院・薬局・施設経営 > 病院・薬局・施設紹介
update:19/09/27