日経メディカル 2015/10号

今さら聞けない「画像診断のキホン」 頭部CT編
第16回 急性期脳梗塞は どう診断する?

急性期脳梗塞のCT診断は容易ではない。血流減少で脳機能が停止しても、細胞膜が破壊されるまで脳浮腫は出現しないからだ。ただ超急性期に太い血管に血栓が詰まると動脈に沿って高吸収となることがある。この急性期脳虚血のサインを見逃さないことが肝要だ。(109〜110ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2278文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > 病気・怪我と治療・検査 > 身体の疾患
update:19/09/27