日経メディカル 2015/10号 増刊

スペシャルレポート ニーズを満たす新技術
〔反復性経頭蓋磁気刺激法〕 磁気による刺激でうつ病を改善
臨床応用に向けての検討進む

反復性経頭蓋磁気刺激法rTMS抗うつ薬抵抗性のうつ病に対する反復性経頭蓋磁気刺激法(rTMS)の実臨床への導入に向け、現実を見据えた検討が進められている。現在承認申請中であるこの方法は、神経を直接刺激することによりその性質の変化を誘導するが、薬物治療…(28〜29ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3097文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > 病気・怪我と治療・検査 > 精神の疾患
update:19/09/27