日経メディカル 2015/11号

特集2 「看護師特定行為」で医師の仕事はどう変わる?
〔PART1〕 特定行為研修制度とは何か
10年間で10万人養成計画も?

 2025年に向け、国は在宅医療を推進していく方針だが、医療資源に限りがある中で必要な医療サービスをタイムリーに患者に提供するためには、医師の判断を待たず現場で一定の診療補助が行える看護師が求められる。これは何も在宅に限ったことでなく、病棟やICU…(66〜69ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:6444文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集2 「看護師特定行為」で医師の仕事はどう変わる?(63ページ掲載)
「看護師特定行為」で医師の仕事はどう変わる?
特集2 「看護師特定行為」で医師の仕事はどう変わる?(64〜65ページ掲載)
〔PROLOGUE〕 「特定看護師」が現場に来たら…
特集2 「看護師特定行為」で医師の仕事はどう変わる?(66〜69ページ掲載)
〔PART1〕 特定行為研修制度とは何か
特集2 「看護師特定行為」で医師の仕事はどう変わる?(70〜72ページ掲載)
〔PART2〕 特定行為研修で医師にも良い変化
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > 医療関連資格・スキルアップ > 医療・薬剤・看護・介護の知識
ビズボードスペシャル > 資格・スキル > 医療・薬剤・看護・介護の知識
update:19/09/27