日経メディカル 2015/11号

判例に学ぶ医療トラブル回避術
信頼関係崩れ転院を依頼 応召義務違反に当たらず

 判決は、医療契約が終了するのは「目的を完了したとき、または当事者による契約の解除があったときとなる」とした上で、解除は患者側からはいつでも自由に可能であるが、医師側からは、応召義務があり、正当事由がなければ解除はできないとした。 その上で…(99〜101ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4485文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > バイオ・医療トラブル > その他(バイオ・医療トラブル)
update:19/09/27