日経ビジネス 2015/11/23号

特集 勝ち組が見るニューチャイナ
〔Part3〕 伊藤忠の深謀に学ぶ 変化する「井戸」の掘り方

 伊藤忠はCPとの折半出資会社を通じて、持ち分法でCITICの連結純利益の10%を取り込める。CITICの業績が従来通りに推移すれば、年間700億〜800億円の利益が伊藤忠にもたらされる計算だ。中国ビジネスの利益は、これまでは年間数百億円規模。(44〜47ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5144文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集 勝ち組が見るニューチャイナ(30〜31ページ掲載)
≪村田製作所、マツダ、良品計画≫ 勝ち組が見るニューチャイナ
特集 勝ち組が見るニューチャイナ(32〜35ページ掲載)
〔Part1〕 対中ビジネス急旋回 「ニューチャイナ」に乗れ
特集 勝ち組が見るニューチャイナ(36〜37ページ掲載)
〔データ編〕 減速でも勝てる8つの視点
特集 勝ち組が見るニューチャイナ(38〜43ページ掲載)
〔Part2〕 中国に5つの新潮流 構造転換は成長のチャンス
特集 勝ち組が見るニューチャイナ(44〜47ページ掲載)
〔Part3〕 伊藤忠の深謀に学ぶ 変化する「井戸」の掘り方
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > その他(経営方針)
【記事に登場する企業】
伊藤忠商事
update:19/09/24