日経コンストラクション 2015/11/23号

特集 水害対策の宿命 氾濫前提にソフト対策で壊滅的被害を防げ
〔水害対策の今後〕 「想定し得る最大規模」に備えよ

 雨の降り方と、その場所の河川の水位とが必ずしも連動しているわけではない。一般の人は、身の回りの雨の状態だけで判断しがちなので、危険が迫っていることを感覚的につかみにくい。 一般的なハザードマップは最終的な浸水深を示すだけなので、決壊箇所に…(42〜45ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4081文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集 水害対策の宿命 氾濫前提にソフト対策で壊滅的被害を防げ(30〜31ページ掲載)
水害対策の宿命 氾濫前提にソフト対策で壊滅的被害防げ
特集 水害対策の宿命 氾濫前提にソフト対策で壊滅的被害を防げ(32〜37ページ掲載)
〔検証、関東・東北豪雨〕 越水したら致命的、改めて実証
特集 水害対策の宿命 氾濫前提にソフト対策で壊滅的被害を防げ(38〜41ページ掲載)
〔鬼怒川堤防、緊急復旧〕 日々、進捗する現場を“演出”
特集 水害対策の宿命 氾濫前提にソフト対策で壊滅的被害を防げ(42〜45ページ掲載)
〔水害対策の今後〕 「想定し得る最大規模」に備えよ
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > 土木・都市開発 > 土木・都市開発の防災
update:19/09/27