日経メディカル 2015/12号

ニュース追跡
「死亡診断の看護師代行」報道 看護界は先走った記事に困惑

政府の規制改革会議で、在宅患者などが死亡した際、医師が死後診察せずとも死亡診断書が交付できるよう、現行規定を緩和する検討が始まった。「安らかな看取り」実現に向けた看護側からの要望を踏まえた議論が進んでいる。 「死亡診断の看護師代行検討」──…(43ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1890文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > その他(医療・バイオ) > その他(医療・バイオ)
update:19/09/27