日経エレクトロニクス 2016/01号

Breakthrough 電池革新、ソニーが震源
ソニー、Apple、電池開発を加速

 「今の電池の体積当たりエネルギー密度は700Wh/L。これを2020年には1000Wh/Lに引き上げる」─。 ソニーが、次世代2次電池に関する驚きの開発計画を明らかにした。(30〜31ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2006文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
Breakthrough 電池革新、ソニーが震源(29ページ掲載)
電池革新、ソニーが震源
Breakthrough 電池革新、ソニーが震源(30〜31ページ掲載)
ソニー、Apple、電池開発を加速
Breakthrough 電池革新、ソニーが震源(32〜39ページ掲載)
〔第1部:2020年への開発トレンド〕 スマホに続きクルマでも Si合金負極が表舞台へ
Breakthrough 電池革新、ソニーが震源(40〜41ページ掲載)
〔インタビュー:ソニー〕 容量増だけじゃない、カスタマイズ力で勝負
Breakthrough 電池革新、ソニーが震源(42〜45ページ掲載)
〔第2部:学会報告(電池討論会から)〕 ソニーや村田、太陽誘電など、全固体電池の開発例相次ぐ
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
エレクトロニクス > エレクトロニクス市場・業界動向 > エレクトロニクスの市場・業界動向
車・機械・家電・工業製品 > エネルギー > 電池
車・機械・家電・工業製品 > 車・バイク(製造) > 電池
ビズボードスペシャル > 市場・業界動向 > エレクトロニクスの市場・業界動向
【記事に登場する企業】
米アップル社
ソニー
update:19/09/26