日経エレクトロニクス 2016/02号

Breakthrough IoTに印刷の力
〔第1部:課題解決への序章〕 1兆個センサーでの稼ぎ方、収益分配を模索

 センサーメーカーが、IT企業から一笑に付されることなく収益を分配してもらうには、単なる作り手にとどまっているだけではダメだ。(2)に示した独自性の高いセンサー技術を開発して指名買いされるような強みを備えている必要があるだろう。これまで測れなか…(28〜31ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5034文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
Breakthrough IoTに印刷の力(25ページ掲載)
IoTに印刷の力
Breakthrough IoTに印刷の力(26〜27ページ掲載)
IoTの進化を阻む“利害衝突”、格安大量センサーをどう作る
Breakthrough IoTに印刷の力(28〜31ページ掲載)
〔第1部:課題解決への序章〕 1兆個センサーでの稼ぎ方、収益分配を模索
Breakthrough IoTに印刷の力(32〜39ページ掲載)
〔第2部:製造手法の革新〕 格安の製造法が登場、早期量産で日米が競う
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
エレクトロニクス > エレクトロニクス設計・製造 > エレクトロニクス製造技術・装置
エレクトロニクス > その他電子部品 > その他電子部品
情報システム > データ分析・ナレッジマネジメント > テキストマイニング・データウエアハウス・ビッグデータ
update:19/09/26