日経コンピュータ 2016/02/04号

特集 無害化と分離 標的型攻撃の防ぎ方
政府も推す切り札

日本年金機構の情報流出は標的型攻撃の脅威を知らしめた。この1月には、絶対に漏らしてはいけない情報であるマイナンバー(個人番号)を企業や団体が収集し始め、対策は待ったなしの状況だ。これに向けて政府が推すのは、「無害化・分離」と呼ばれる新たなセ…(22〜23ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1566文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集 無害化と分離 標的型攻撃の防ぎ方(20〜21ページ掲載)
無害化と分離 標的型攻撃の防ぎ方
特集 無害化と分離 標的型攻撃の防ぎ方(22〜23ページ掲載)
政府も推す切り札
特集 無害化と分離 標的型攻撃の防ぎ方(24〜29ページ掲載)
多少の不便より安全重視
特集 無害化と分離 標的型攻撃の防ぎ方(30〜33ページ掲載)
いたちごっこを終わらせる
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > 情報システムセキュリティ・トラブル > コンピュータウイルス・対策
情報システム > 情報システムセキュリティ・トラブル > 不正アクセス・情報保護
情報システム > 電子政府 > 住民基本台帳ネットワークシステム・マイナンバー
update:19/09/24