日経コンストラクション 2016/02/08号

特集 攻めの資格活用
攻めの資格活用
事業展開を見据えてキャリア形成

国土交通省の総合評価落札方式で、保有資格によって点差を付ける動きが広がっていることもあり、技術者の資格取得熱は依然として高い。しかし、資格は取って終わりではない。技術者個人の保有資格が、会社の事業展開に影響を与えることもある。(30〜31ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:834文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる0円
買い物カゴに入れる(読者特価)0円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集 攻めの資格活用(30〜31ページ掲載)
攻めの資格活用
特集 攻めの資格活用(32〜33ページ掲載)
〔資格活用の達人〕 重要なのは資格の取得後(1)
特集 攻めの資格活用(34〜35ページ掲載)
〔資格活用の達人〕 重要なのは資格の取得後(2)
特集 攻めの資格活用(36〜37ページ掲載)
〔資格活用の達人〕 重要なのは資格の取得後(3)
特集 攻めの資格活用(38〜39ページ掲載)
〔資格活用の達人〕 重要なのは資格の取得後(4)
特集 攻めの資格活用(40〜41ページ掲載)
〔国の登録資格制度〕 保有資格の違いで入札時に点差
特集 攻めの資格活用(42〜43ページ掲載)
〔読者調査・CPDの活用実態〕 「義務として取得」が6割
特集 攻めの資格活用(44〜53ページ掲載)
〔土木関連資格ガイド〕 技術士 択一式の「足切り」は継続 ほか
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > 規格・法令・資格(建設・不動産) > 建築関連の資格
ビズボードスペシャル > 資格・スキル > 建築関連の資格
【記事に登場する企業】
国土交通省
update:19/09/27