日経ヘルスケア 2016/02号

特集1 在宅復帰時代の下剋上
〔トレンド〕 生き残りかけ病床機能を高める 在宅復帰への取り組みが鍵

 2014年度診療報酬改定では、急性期から慢性期までの全てのフェーズで在宅復帰を求める要件や評価指標が導入され、「在宅復帰時代」を印象づける内容となった。7対1病棟や地域包括ケア病棟に「自宅等への退院割合」(以下、在宅復帰率)の要件が課せられた一方…(26〜28ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4205文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > 病院・薬局・施設経営 > 病院・薬局・施設経営ノウハウ
update:19/09/27