日経ヘルスケア 2016/02号

特集2 介護大手に勝つ 中小の地域戦略
介護大手に勝つ 中小の地域戦略
一般住民もターゲットにニーズ取り込む

大手介護企業の勢力が拡大する中、中小事業者の生き残りは年々厳しくなっている。しかし、地域密着で事業を展開し、要介護者だけでなく地域住民のニーズにも応えていけば、勝機は十分にある。(豊川 琢)…(39ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:173文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる0円
買い物カゴに入れる(読者特価)0円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集2 介護大手に勝つ 中小の地域戦略(39ページ掲載)
介護大手に勝つ 中小の地域戦略
特集2 介護大手に勝つ 中小の地域戦略(40〜41ページ掲載)
〔総論〕 区市町村の権限強化の流れに乗りやすく 保険外サービスの確立にも有利
特集2 介護大手に勝つ 中小の地域戦略(42〜48ページ掲載)
〔ケーススタディー〕 地域に溶け込んだ介護拠点を整備 住民も対象にしたサービスの構築が鍵に
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > 看護・介護 > 介護サービス
update:19/09/27