日経ホームビルダー 2016/03号

特集2 地震に備える家づくり
〔建物対策編〕 講習会の依頼が殺到する愛知減災協議会の低コスト工法

 名古屋工業大学教授で愛知建築地震災害軽減システム研究協議会(減災協議会)の幹事長を務める井戸田秀樹さんの元には、東日本大震災以降、全国の自治体や建築団体からこうした依頼が殺到している。A工法を耐震改修の補助金対象にする自治体も、西日本を中…(44〜45ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1276文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集2 地震に備える家づくり(42〜43ページ掲載)
地震に備える家づくり
特集2 地震に備える家づくり(44〜45ページ掲載)
〔建物対策編〕 講習会の依頼が殺到する愛知減災協議会の低コスト工法
特集2 地震に備える家づくり(46〜47ページ掲載)
〔建物対策編〕 顧客の潜在意識に働き掛け安価な独自工法で提案
特集2 地震に備える家づくり(48〜49ページ掲載)
〔建物対策編〕 安価で高強度の耐震補強 日合連が開発したオープン工法
特集2 地震に備える家づくり(50〜51ページ掲載)
〔建物対策編〕 「評点1.0」と「準耐火」に性能向上 東京・墨田区の「防災改修」
特集2 地震に備える家づくり(52〜53ページ掲載)
〔建物対策編〕 火災抑制や生活維持の機能に設備への期待が高まる
特集2 地震に備える家づくり(54〜55ページ掲載)
〔地盤対策編〕 傾いても修復しやすい基礎で液状化に備える
特集2 地震に備える家づくり(56〜57ページ掲載)
〔地盤対策編〕 液状化対策として提案できる150万円の認定工法が登場
特集2 地震に備える家づくり(58〜60ページ掲載)
〔地盤対策編〕 必要なはずなのに採用低い液状化保証/液状化判定を全棟実施して信頼得る
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > 施工 > 土木施工技術・ツール
建設・不動産 > 住宅・施設向け防犯・防災 > 住宅・施設向け防犯・防災
建設・不動産 > 建設・建築 > 住宅・施設向け防犯・防災
建設・不動産 > 土木・都市開発 > 土木施工技術・ツール
update:19/09/27