日経エレクトロニクス 2016/03号

Breakthrough 感じる鉄道
〔第1部〕 「スマート化」する鉄道 IoT活用でより安全・便利に

 鉄道システムは列車や線路、トンネル、橋梁など、膨大な設備で成り立っている。鉄道事業者にとって、こうした設備のメンテナンスも重大な課題だ。列車や線路、架線は経年劣化したり、列車の走行で摩耗や損傷、故障が起きる。(30〜33ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4619文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
Breakthrough 感じる鉄道(29ページ掲載)
感じる鉄道
Breakthrough 感じる鉄道(30〜33ページ掲載)
〔第1部〕 「スマート化」する鉄道 IoT活用でより安全・便利に
Breakthrough 感じる鉄道(34〜42ページ掲載)
〔第2部〕 センサーやビーコンで進化 「賢い」列車も登場
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
エレクトロニクス > その他電子部品 > その他電子部品
サービス・流通・生活・文化 > 旅客・運輸サービス > 旅客サービス
情報システム > 基幹業務システム > その他(基幹業務システム)
【記事に登場する企業】
JR東日本
update:19/09/26