日経エレクトロニクス 2016/03号

Emerging Tech 日経デジタルヘルス
東芝が見せた意地 原子力技術を医療へ
日経デジタルヘルス、1月のPVランキングから

 「超電導や加速器など、原子力で培った技術を医療に提供できることは光栄だ。日本発の重粒子線治療システムを世界へ供給し、がん患者の役に立てたい」。発表会に登壇した東芝 電力システム社 原子力事業部長の畠澤守氏はこう言葉に力を込めた。(94〜95ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2326文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
エレクトロニクス > その他(エレクトロニクス) > その他(エレクトロニクス)
医療・バイオ > 医療機器・用品・システム > 医療機器・用品
【記事に登場する企業】
東芝
放射線医学総合研究所
update:19/09/26