日経ヘルスケア 2016/03号

特集1 療養病床の未来予想図
〔全体動向〕 新たな施設類型の創設を提案 基準緩和が焦点も、報酬は引き下げか

 検討会で示された新たな施設類型は計3案。大きくは「医療内包型」「医療外付け型」に分かれ、「医療内包型」は案1-1と案1-2の二つがある(表1、図1)。いずれも対象者は医療区分1が中心で、長期の医療・介護が必要な高齢者だ。(26〜31ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:6770文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる385円
買い物カゴに入れる(読者特価)193円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集1 療養病床の未来予想図(24〜25ページ掲載)
療養病床の未来予想図
特集1 療養病床の未来予想図(26〜31ページ掲載)
〔全体動向〕 新たな施設類型の創設を提案 基準緩和が焦点も、報酬は引き下げか
特集1 療養病床の未来予想図(32〜33ページ掲載)
〔識者に聞く〕 現場を見据えた丁寧な議論を期待
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > 法令・資格(医療・バイオ) > 医療・バイオの法令全般
ビズボードスペシャル > 法令 > 医療・バイオの法令全般
【記事に登場する企業】
厚生労働省
update:19/09/27