日経コンストラクション 2016/03/14号

特集 「3.11」後の新潮流50 前編
〔PART3〕 耐震化はさらなる高みへ

PART3東日本大震災では、過去の度重なる災害で培ってきた耐震化の効果が実証された。一方で、対策の盲点を突かれて損傷を防げなかった事例もあり、新たな課題も見えてきた。「3.11」の教訓を踏まえて、橋や地盤の耐震対策はさらに上を目指す。(42〜47ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:6373文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる385円
買い物カゴに入れる(読者特価)193円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集 「3.11」後の新潮流50 前編(28〜29ページ掲載)
「3.11」後の新潮流50 前編 甚大な被害が変えた防災の常識
特集 「3.11」後の新潮流50 前編(30〜35ページ掲載)
〔PART1〕 言い訳にしない「想定外」
特集 「3.11」後の新潮流50 前編(36〜41ページ掲載)
〔PART2〕 災害時に必ず逃げる社会づくり
特集 「3.11」後の新潮流50 前編(42〜47ページ掲載)
〔PART3〕 耐震化はさらなる高みへ
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > 土木・都市開発 > 土木・都市開発の防災
update:19/09/27