日経コンストラクション 2016/05/23号

追跡 熊本地震
〔断層変位〕 トンネル・橋の損傷際立つ県道
横ずれが構造物に影響か

 本震の直後、阿蘇大橋などの被害とともに一般メディアで大きく報道されたのが、熊本市内から南阿蘇村へショートカットできる県道28号にある俵山トンネルの「崩落」だ。しかし、地震発生から1週間ほどが過ぎても、現場の状況を映像や写真で報じた例はなかった…(18〜21ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2692文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
追跡 熊本地震(8〜9ページ掲載)
なぜ阿蘇は崩れたか?
追跡 熊本地震(10〜13ページ掲載)
〔岩盤崩壊〕 最深20mの土塊が橋を押し出しか
追跡 熊本地震(14〜17ページ掲載)
〔表層崩壊〕 斜角15度の流動性地すべり
追跡 熊本地震(18〜21ページ掲載)
〔断層変位〕 トンネル・橋の損傷際立つ県道
追跡 熊本地震(22〜25ページ掲載)
〔人工地盤の変動〕 旧河道や谷埋め盛り土で被害
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > 建築トラブル > 事故・災害(建築・土木関連)
建設・不動産 > 建築・土木事業・不動産事例 > 土木事業・事例
建設・不動産 > 土木・都市開発 > 土木事業・事例
ビズボードスペシャル > 事例 > 土木事業・事例
update:19/09/27