日経コンピュータ 2016/06/09号

特集1 攻めの防御
受け入れ態勢は万全か

 脅威の高まりに応じて、幅広い業種で導入が進むと見込まれるインテリジェンス。ベンダーは以下の四つの方法で製品やサービスを展開する。(1)文脈的情報や観測事象を顧客に直接届けるインテリジェンス提供サービス。(30〜33ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5271文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集1 攻めの防御(20〜21ページ掲載)
攻めの防御 サイバーインテリジェンス
特集1 攻めの防御(22〜23ページ掲載)
攻撃者は誰だ
特集1 攻めの防御(24〜29ページ掲載)
日本企業も始めた
特集1 攻めの防御(30〜33ページ掲載)
受け入れ態勢は万全か
特集1 攻めの防御(34〜37ページ掲載)
〔インタビュー〕 ケビン・マンディア氏 米ファイア・アイ 次期CEO(最高経営責任者)
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > 情報システムセキュリティ・トラブル > コンピュータウイルス・対策
情報システム > 情報システムセキュリティ・トラブル > 不正アクセス・情報保護
情報システム > 情報システム市場・業界動向 > 情報システムの市場・業界動向
ビズボードスペシャル > 市場・業界動向 > 情報システムの市場・業界動向
update:19/09/24