日経ヘルスケア 2016/06号

特集1 医療・介護 業務改善のヒント
〔Part1 分析編〕 新人看護師の退職ゼロ、外来の待ち時間短縮 飯塚病院の業務改善が成功する理由

 といっても、必要なのは模造紙と付箋、ペンのみ。改善活動に乗り出した部署では、オフィスの壁一面に作業分析図を掲示している。まず最上部に「患者」の動きを示した青い付箋を貼る。例えば「受け付け」「血圧測定」などだ。(28〜31ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4784文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集1 医療・介護 業務改善のヒント(26〜27ページ掲載)
医療・介護 業務改善のヒント
特集1 医療・介護 業務改善のヒント(28〜31ページ掲載)
〔Part1 分析編〕 新人看護師の退職ゼロ、外来の待ち時間短縮 飯塚病院の業務改善が成功する理由
特集1 医療・介護 業務改善のヒント(32〜39ページ掲載)
〔Part2 ケース編〕 創意工夫でコストをかけずに大きな成果 先進事業者に学ぶ「改善の進め方」
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > 業務改善
医療・バイオ > 病院・薬局・施設経営 > 病院・薬局・施設経営ノウハウ
【記事に登場する企業】
麻生飯塚病院
update:19/09/27