日経エレクトロニクス 2016/07号

Breakthrough MEMS発振器が水晶を浸食
〔第1部:市場動向〕 10年の試練経て存在感 MEMS品が倍々で出荷増

 MEMS発振器が用途を広げる上で、これから重要になるのは高い精度だ。今後の成長が期待されている品種が、SPXOより高精度なTCXOだからである。単価が高い上に需要が成長するとの見方がある。 Siや水晶の振動子の共振周波数は温度変化によって変わる。(52〜57ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:8786文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる385円
買い物カゴに入れる(読者特価)193円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
Breakthrough MEMS発振器が水晶を浸食(51ページ掲載)
MEMS発振器が水晶を侵食
Breakthrough MEMS発振器が水晶を浸食(52〜57ページ掲載)
〔第1部:市場動向〕 10年の試練経て存在感 MEMS品が倍々で出荷増
Breakthrough MEMS発振器が水晶を浸食(58〜63ページ掲載)
〔第2部:製品動向〕 IoTで水晶代替品に注目 変わる発振器のすみ分け
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
エレクトロニクス > エレクトロニクス設計・製造 > その他(エレクトロニクス製造)
車・機械・家電・工業製品 > ナノテクノロジー > ナノデバイス・MEMS
【記事に登場する企業】
米Siタイム社
update:19/09/26