日経コンピュータ 2016/07/07号

特集 ブロックチェーン過熱
情報システムを変える

 ここ1年ほどの間に、業務システムに使えそうなブロックチェーンソフトの選択肢が一気に増えたことも、注目度が高まる要因の一つだ。企業が実証実験やビジネス応用に使えるブロックチェーンソフトは、大きく二つに分かれる(図4参照)。 一つは、インターネ…(26〜29ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3514文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集 ブロックチェーン過熱(20〜21ページ掲載)
ブロックチェーン過熱
特集 ブロックチェーン過熱(22〜25ページ掲載)
再起動する仮想通貨
特集 ブロックチェーン過熱(26〜29ページ掲載)
情報システムを変える
特集 ブロックチェーン過熱(30〜31ページ掲載)
ブロックチェーン/分散台帳用語解説
特集 ブロックチェーン過熱(32〜35ページ掲載)
4社が試す潜在能力
特集 ブロックチェーン過熱(36〜37ページ掲載)
〔寄稿〕 ブロックチェーンの成熟度 専門家が指摘する四つの課題
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > 特定業務システム > 金融業向け情報システム
情報システム > 情報システム構築事例 > 情報システム構築事例全般*
ビズボードスペシャル > 事例 > 情報システム構築事例全般*
【記事に登場する企業】
米IBM社
update:19/09/24