日経ヘルスケア 2016/07号

特集1 2016年度診療報酬改定 先行する病院の戦略と対応
2016年度診療報酬改定 先行する病院の戦略と対応

2016年度診療報酬改定から3カ月余り。経過措置期間が設けられている項目もあるが、多くは4月から実施され、大幅な減収に見舞われている病院も少なくない。急性期入院と慢性期入院に焦点を当て、経営戦略を早々に定めた先行病院の改定による影響度と対応を紹介す…(26〜27ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:455文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる0円
買い物カゴに入れる(読者特価)0円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集1 2016年度診療報酬改定 先行する病院の戦略と対応(26〜27ページ掲載)
2016年度診療報酬改定 先行する病院の戦略と対応
特集1 2016年度診療報酬改定 先行する病院の戦略と対応(28〜30ページ掲載)
〔Part1 全体動向〕 厳しい改定内容で4月から大幅減収も 求められる重症患者の確保
特集1 2016年度診療報酬改定 先行する病院の戦略と対応(31〜42ページ掲載)
〔Part2 主要改定項目の影響と対応〕 多職種チームで改革に乗り出す先行病院 新点数への対応も大きなポイント
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > 法令・資格(医療・バイオ) > 医療・バイオの法令全般
医療・バイオ > 病院・薬局・施設経営 > 診療・薬剤報酬
ビズボードスペシャル > 法令 > 医療・バイオの法令全般
update:19/09/27