日経ヘルスケア 2016/07号

特集1 2016年度診療報酬改定 先行する病院の戦略と対応
〔Part2 主要改定項目の影響と対応〕 多職種チームで改革に乗り出す先行病院 新点数への対応も大きなポイント

 消化器疾患専門の医療法人祥佑会・藤田胃腸科病院(大阪府高槻市)も、33床全床で7対1堅持の方針だ。理事長の本郷仁志氏は、「今改定の内容次第で10対1病棟への移行を余儀なくされるかと考えたが、看護必要度の新基準をクリアできると分かり、現状維持が可能…(31〜42ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:16576文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる440円
買い物カゴに入れる(読者特価)220円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集1 2016年度診療報酬改定 先行する病院の戦略と対応(26〜27ページ掲載)
2016年度診療報酬改定 先行する病院の戦略と対応
特集1 2016年度診療報酬改定 先行する病院の戦略と対応(28〜30ページ掲載)
〔Part1 全体動向〕 厳しい改定内容で4月から大幅減収も 求められる重症患者の確保
特集1 2016年度診療報酬改定 先行する病院の戦略と対応(31〜42ページ掲載)
〔Part2 主要改定項目の影響と対応〕 多職種チームで改革に乗り出す先行病院 新点数への対応も大きなポイント
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > 法令・資格(医療・バイオ) > 医療・バイオの法令全般
医療・バイオ > 病院・薬局・施設経営 > 診療・薬剤報酬
ビズボードスペシャル > 法令 > 医療・バイオの法令全般
【記事に登場する企業】
井野口病院
新仁会病院
大生病院
竹田綜合病院
大同病院
原土井病院
藤田胃腸科病院
藤民病院
update:19/09/27