日経ヘルスケア 2016/07号

特集2 どうなる特養
どうなる特養

経営環境が厳しさを増している特別養護老人ホーム。介護人材不足で運営や新規開設に支障が生じたり、入所者確保に苦戦する施設も出始めた。今年4月施行の改正社会福祉法により、今後、ガバナンス強化や情報開示による透明性の向上なども求められる。(44ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:183文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる0円
買い物カゴに入れる(読者特価)0円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集2 どうなる特養(44ページ掲載)
どうなる特養
特集2 どうなる特養(45〜51ページ掲載)
「介護離職ゼロ」政策で特養が過剰に? 「施設作れど職員足りず」の懸念も
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > 病院・薬局・施設経営 > その他(病院・薬局・施設経営)
update:19/09/27