日経ヘルスケア 2016/07号

特集3 動き出す地域医療連携推進法人
〔CASE〕 人口減、医師不足にあえぐ地方で検討活発化 一体化した経営で生き残りかける

CASE医療法改正を機に、地域医療連携推進法人の設立に向けて動き出す医療機関が出始めた。医師不足、患者減少、病床過剰にあえぐ地方での動きが顕著だ。先行して検討に入った三つのケースを紹介する。(58〜63ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:8839文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる385円
買い物カゴに入れる(読者特価)193円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集3 動き出す地域医療連携推進法人(53ページ掲載)
動き出す地域医療連携推進法人
特集3 動き出す地域医療連携推進法人(54〜57ページ掲載)
〔OVERVIEW〕 将来への危機感を持った病院同士が自発的に連携と効率化を進める仕組み
特集3 動き出す地域医療連携推進法人(58〜63ページ掲載)
〔CASE〕 人口減、医師不足にあえぐ地方で検討活発化 一体化した経営で生き残りかける
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > 病院・薬局・施設経営 > 病院・薬局・施設経営ノウハウ
【記事に登場する企業】
金田病院
相良病院
にいむら病院
日本海総合病院
本間病院
update:19/09/27