日経コンストラクション 2016/08/08号

トピックス 住民対応
用地買収の舞台裏
事業の進捗を支える“黒子”の仕事ぶり

 用地職員が地権者と交渉する姿勢は、民間企業を思わせるほど低姿勢だ。しかし、最後の手段として土地収用法に基づく強制買収もできる点が民間とは異なる。2015年に西日本高速道路会社と福岡県がこの“伝家の宝刀”を抜いて注目を集めた。(50〜55ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:6122文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる385円
買い物カゴに入れる(読者特価)193円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > 不動産事業 > 不動産運用
【記事に登場する企業】
国土交通省
update:19/09/27