日経ホームビルダー 2016/10号

特集1 悩ましきサイディング補修
【Part2 対策編】 シーリングの工事品質が寿命左右

 補修だけでなく、新築時のシーリングの設計、施工も重要だ。図2は新築時の注意点をまとめたもの。このなかで、多くの技術者が最も重要と指摘するのが、シーリングの目地幅と目地深さを適切に確保することだ。(40〜43ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2366文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集1 悩ましきサイディング補修(30〜31ページ掲載)
悩ましきサイディング補修
特集1 悩ましきサイディング補修(32〜37ページ掲載)
【Part1 実状編】 サイディングの腐朽を止める裏技
特集1 悩ましきサイディング補修(38〜39ページ掲載)
【Part1 実状編】 90年代の新築が張り替え時期に
特集1 悩ましきサイディング補修(40〜43ページ掲載)
【Part2 対策編】 シーリングの工事品質が寿命左右
特集1 悩ましきサイディング補修(44〜45ページ掲載)
【Part2 対策編】 金属系サイディングはさびに注意
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > 設計・デザイン > 商業建築設計・デザイン
建設・不動産 > 建設資材・設備 > 建築資材
建設・不動産 > 建設・建築 > 建築資材
建設・不動産 > 建設・建築 > 商業建築設計・デザイン
update:19/09/27