日経コンストラクション 2016/10/10号

特集 その現場判断が事故を招く
〔事故事例(1)架設桁落下〕 ジャッキが傾きバランス崩す

事故事例(1)架設桁落下施工途中の構造物は、一時的に不安定な状態になることがある。特にジャッキ操作の際には注意が必要だ。北海道木古内町に建設していた大坪沢川橋では、新名神高速道路の有馬川橋と同様に、桁がバランスを崩してジャッキから落ちた。(40〜43ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3576文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集 その現場判断が事故を招く(36ページ掲載)
その現場判断が事故を招く
特集 その現場判断が事故を招く(37〜39ページ掲載)
〔新名神事故その後〕 事故リスクの抽出を義務付け
特集 その現場判断が事故を招く(40〜43ページ掲載)
〔事故事例(1)架設桁落下〕 ジャッキが傾きバランス崩す
特集 その現場判断が事故を招く(44〜46ページ掲載)
〔事故事例(2)土砂崩落〕 見抜けなかった地下水の影響
特集 その現場判断が事故を招く(47〜49ページ掲載)
〔仮設事故の防ぎ方〕 参考図やアラームの過信は禁物
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > 建築トラブル > 事故・災害(建築・土木関連)
建設・不動産 > 建築・土木事業・不動産事例 > 土木事業・事例
建設・不動産 > 土木・都市開発 > 土木事業・事例
ビズボードスペシャル > 事例 > 土木事業・事例
update:19/09/27