日経ヘルスケア 2016/10号

コンサルタント工藤高の病院経営最前線
流動食の食事療養費の引き下げが打撃に 人材不足で栄養サポート加算の算定も危機

 筆者は同院のメディカルスタッフ部門の責任者と定期的にミーティングの機会を設けており、ある日、栄養関連の診療報酬が話題に上がった。2016年度診療報酬改定では、外来・入院栄養食事指導料1の初回指導(おおむね30分以上)が130点から2倍の260点に引き上げら…(8〜9ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2766文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる162円
買い物カゴに入れる(読者特価)81円
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

※日経BP社の会員制Webサービスまたは有料のデータサービス(日経BPビズボードなど)をご利用の場合、当該のサービス側でこの記事の全文を無料または割引価格で購読できるかもしれません。記事を公開している可能性のあるWebサイト、データサービスの一覧はこちら

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > 病院・薬局・施設経営 > 病院・薬局・施設経営ノウハウ
update:17/12/21