日経コンピュータ 2016/10/13号

特集 「動かないコンピュータ」裁判を読み解く
開発成熟へ、三つの新常識

 第3の新常識は、行き詰まったプロジェクトについて「早期の中止」という選択肢を意識しておくことだ。成功の見込みがないプロジェクトを継続し、ユーザー企業とITベンダーが互いにコストと時間を浪費するよりも、プロジェクトを中止した方が双方の利益になる…(34〜35ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2523文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集 「動かないコンピュータ」裁判を読み解く(22〜23ページ掲載)
「動かないコンピュータ」裁判を読み解く
特集 「動かないコンピュータ」裁判を読み解く(24〜27ページ掲載)
IT訴訟から見える落とし穴
特集 「動かないコンピュータ」裁判を読み解く(28〜33ページ掲載)
三つのIT訴訟から見える プロジェクト失敗の真因
特集 「動かないコンピュータ」裁判を読み解く(34〜35ページ掲載)
開発成熟へ、三つの新常識
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > 情報システムセキュリティ・トラブル > システムトラブル
情報システム > 情報システムセキュリティ・トラブル > その他(情報システムセキュリティ・トラブル)
情報システム > IT関連スキルアップ・資格 > その他(IT関連スキルアップ・資格)*
ビズボードスペシャル > 資格・スキル > その他(IT関連スキルアップ・資格)*
update:19/09/24