日経ヘルスケア 2016/11号

特集1 地域包括ケア病棟ブーム到来!
地域包括ケア病棟ブーム到来!
上手に活用すれば病院経営に大きなプラス

2014年度診療報酬改定で新設された地域包括ケア病棟(病床)が、飛躍的に増加している(右図)。高齢者の急増によるニーズの高まりと政策誘導を背景に、地域包括ケア病棟を設置した病院は収入増や多様な患者の受け入れなどの大きな経営メリットを得ている。地…(24〜25ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:404文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる0円
買い物カゴに入れる(読者特価)0円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集1 地域包括ケア病棟ブーム到来!(24〜25ページ掲載)
地域包括ケア病棟ブーム到来!
特集1 地域包括ケア病棟ブーム到来!(26〜30ページ掲載)
〔総論〕 メリット大きい地域包括ケア病棟 収入アップと使い勝手の良さが魅力
特集1 地域包括ケア病棟ブーム到来!(31〜36ページ掲載)
〔ケース編〕 手術の実施、在宅医療の支援…機能は多様 病棟転換に伴う職員の負荷軽減が課題に
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > 看護・介護 > 介護サービス
医療・バイオ > 病院・薬局・施設経営 > 病院・薬局・施設経営ノウハウ
update:19/09/27